●第45回 全国実業団選手権大会 レポート


2018年10月13~14日、稲沢グランドボウルにおいて、第45回全国実業団選手権大会(4人チーム戦)が開催されました。
今回は122チーム488名が参加。今年の稲沢シリーズ(支部対抗戦、3人チーム戦、実業団選手権)参加者は、のべ1,555名(前年比+58名)となりました。

開会式では、昨年の優勝チーム:沼津テレポイントA(裾野支部)からの優勝旗返還に続いて、MVP:杉山 安司選手が力強く選手宣誓。今年度最後のチーム戦が始まりました。

【予選1回戦】
1ボックス4人打ち、3シフトで行われた予選は、1回戦1シフトで、蒲ケ原 学選手(三菱電機エンジニアリング)がいきなりパーフェクトと800シリーズ(830)を達成、渡辺 貞彦選手(ナックマスダ)も800シリーズ(823)を達成するなど、打ち合いの様相。

[蒲ケ原 学選手]


[渡辺 貞彦選手]

1回戦終了時点の上位チームは、1位:警視庁A(+400、アベレージ233)、2位:北海道中央バス(+350、同229)、3位:NGY_C(+308、同226)。以下、札幌市役所、ナックマスダ、JP近畿、大岸電気工事A、菊地企画、ジヤトコA、サンメイA が続きます。

【予選2回戦】
3シフト制のため普段よりレーン変化が大きいのか、2回戦で苦労するチームが多く見られ、警視庁A(+711ピン、アベレージ230)は1位をキープしたものの、2位以下は、NGY C(+529)、大同特殊鋼A(+485)、サンメイA(+436)、大岸電気工事A(+433)、札幌市役所(+426)、川崎中央はりきゅう院(+398)、北海道中央バス(+379)とかなり変動しました。
この時点で、予選通過ラインは+199(アベレージ208)でした。

【予選3回戦】
□×△※の一夜が明けて日曜日、3回戦は朝9時スタート。レーンコンディションが前日とは微妙に違っていたようで、これが各チームの明暗を分けました。
本大会ハイゲーム999を含む同ハイシリーズ2,921を打ち上げたTOP DIE(+815、アベレージ223)が11位から一気に2位に浮上、1位の警視庁(+859、アベレージ224)との差を44ピンまで詰めました。

以下、3.大同特殊鋼A(+723)、4.NGY_C(+693)、5.札幌市役所(+641)、6.サンメイA(+561)、7.ナックマスダ(+555)、8.旭東化学産業(+422)、9.川崎中央はりきゅう院(+403)、10.大岸電気工事A(+393)、11.アルゴA(+374)、12.JP近畿(346)、13.菊地企画(+337)、14.K.G.S(+335)、15.セイコーエプソンA(+304)、17.鈴野製作所(+278)、18.岩田鉄工(263)、19.NGY_A(+254)、20.鶴見区役所(+246)、21.U工房A(+236)(←16位 本多商事の決勝辞退により繰り上げ)が決勝に進出。

また、予選3回戦では、渡辺 貞彦選手(ナックマスダ)パーフェクトと本大会2度目の800シリーズ(822)を達成! ナックマスダの上位決勝進出に大きく貢献しました。

【決勝】
決勝1ゲーム目は警視庁Aが995を打って逃げ切り体勢に入ったかに見えましたが、レーン移動した2ゲーム目に(←決勝は1ゲームレーン移動)に突如失速(690)し、このゲーム885のTOP DIEが逆転。最終ゲームも813でまとめたTOP DIEがトータル10,600ピン(アベレージ221)で優勝し、7月の3人チーム戦と合わせ全国大会チーム戦二冠を達成しました。
最優秀選手は2,756(アベレージ230)の 林田 尚恵選手となりました。

TOP DIEチームの皆さん、おめでとうございます。
参加された選手の皆さん、お疲れ様でした。


[入賞者]


[優勝チーム]


[MVP]


[閉会式]

 

最終成績は以下の通りです。

——–
第45回 全国実業団選手権大会

日程:2018年10月13日~10月14日
会場:稲沢グランドボウル(名古屋支部)
参加:4人チーム戦 122チーム(488名)

優  勝    出雲支部  TOP DIE 10,600
(林田 尚恵・殿川 一樹・林田 栄三・山口 秋信)

準優勝    東京支部 警視庁 A 10,547
(本望 工・小山 彰・真鍋 太・井上 信良)

第3位    一宮支部  NGY C  10,495
(矢田 弥沙子・谷口 尚・森 あきな・暖水 徹)

第4位    名古屋支部 大同特殊鋼 A  10,384
(田中 清鷹・登川 一真・伊藤 宗一郎・松崎 清雅)

第5位    札幌支部  札幌市役所 10,320
(高橋 美津枝・高橋 浩一・赤石 千春・地主 英則)

第6位    裾野支部  ナックマスダ 10,280
(佐藤 学・渡辺 貞彦・伊原 武司・中村 成郎)

第7位    太田支部 (株)サンメイ A 10,239
(浜田 裕志郎・多賀谷 優・新井 義和・佐藤 則明)

第8位    川崎支部   川崎中央はりきゅう院 10,184
(飛田 浩一・上田 成基・小林 庸佑・荻原 宏一)

———————————– 以上、入賞 ————————————-

第9位    岩屋支部   菊地企画(株)10,180
(河合 繭子・河合 貞治・鈴木 貴広・佐々木 貴祥)

第10位  京都支部   JP近畿 10,166
(川野 秀志・北川 一幸・北川 市子・井本 美貴子)

第11位  川崎支部   鶴見区役所 10,166
(小田部 一樹・小田部 耕一・鹿島 均・長島 敬三)

第12位  秦野支部 (株)鈴野製作所 10,123
(相原 正美・志村 清司・瀬戸 直・清水 晃)

第13位  調布支部   旭東化学産業 10,117
(栗原 花実・栗原 豊・山岸 美智春・中田 和徳)

第14位  川崎支部   U工房 A 10,087
(佐藤 好晃・佐藤 詩子・鈴木 伸弘・長島 慎介)

第15位  金沢支部   (有)大岸電気工事 A 10,064
(村田 健太・月田 秀一郎・徳田 信也・奥岡 進)

第16位  豊中支部   アルゴ A 10,019
(堀田 悠次・板垣 昌一郎・宮本 宗幸・久保 健太)

第17位 諏訪支部   セイコーエプソン A  9,986
(中山 裕之・山本 美範・小池 利明・新井 秀文)

第18位  沼津支部   岩田鉄工 9,971
(斉藤 月嗣・大竹 幸彦・鈴木 辰三・杉山 由美子)

第19位  西神戸支部   K.G.S  9,953
(分銅 省三・藤本 光博・手塚 裕子・南山 俊朗)

第20位  一宮支部   NGY A 9,780
(松浦 淳子・森 隆・岡井 勝彦・吉田 淳也)

●最優秀選手    林田 尚恵 2,756 (出雲支部  TOP DIE

●ハイゲーム 出雲支部  TOP DIE 999
(林田 尚恵・殿川 一樹・林田 栄三・山口 秋信)

●ハイシリーズ 出雲支部  TOP DIE 2921
(林田 尚恵・殿川 一樹・林田 栄三・山口 秋信)

特別褒賞

●パーフェクト達成
連盟通算217号 蒲ケ原 学 <三菱電機エンジニアリング>
連盟通算218号 渡辺   貞彦 <ナックマスダ>

●800シリーズ達成
連盟通算71号 蒲ケ原 学 <三菱電機エンジニアリング> 830
連盟通算72号 渡辺   貞彦 <ナックマスダ>  823
連盟通算73号 渡辺   貞彦 <ナックマスダ>  822